BLOG

世界エイズデー



              12月1日は世界エイズデー



              


世界エイズデーは、世界規模でのエイズ蔓延の防止、エイズ患者やHIV感染者に対する差別・偏見の解消を目的として、1988年に世界保健機関により定められた国際記念日で、毎年12月1日が世界エイズデーとされています。


HIV/エイズに関する取組は、今、大きな転換期となっています。
治療法の進歩によりHIV陽性者の予後が改善された結果、HIV陽性者は感染の早期把握、治療の早期開始・継続によりエイズの発症を防ぐことができ、HIVに感染していない人と同等の生活を送ることが期待できるようになりました。
また、治療を継続して体内のウイルス量が減少すれば、HIVに感染している人から他の人への感染リスクが大きく低下することも確認されています。

つまり、治療の進歩でHIV陽性者の生活は大きく変わり、HIV感染の予防にもその進歩に支えられた様々な選択肢が用意されるようになったのにもかかわらず、現状はそうした変化が正確な情報として十分に伝わっているとは言えません。
HIV/エイズについては、原因不明で有効な治療法が無く死に至る病であった時代の認識にとどまっている場合が多く、そのことがHIV感染を心配する人たちを検査や治療から遠ざけ、また、差別や偏見を招く要因の一つになっているとも言われています。

今もなお世界中でエイズで苦しんでいる人たちへの理解を示し、啓発活動を通じてエイズまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を図ることが早急に求められています。