BLOG

【 募集 】 リサイクル補修ボランティア(ぬいぐるみ)



th (7)


いまお手元にあっても、もしかしたらもうお役目が終わったかもしれない ぬいぐるみたち。
処分しようかな、でも、いままで大事にしてきて捨てるのは忍びない… という方はいらっしゃいませんか?
そのぬいぐるみを喜んで使って頂ける人々が、パバナプ寺には、たくさんおられます。
  
支援先であるパバナプ寺内には、孤児施設、高齢者ホーム、HIV陽性者の方々の施設があります。みなさんご存じかもしれませんが、タイの方は老若男女を問わず、みんな ぬいぐるみがだーいすき☆
特に施設内にいる方々は、家族と死別、離別などさまざまな状況下にあり、ぬいぐるみのふわふわ、かわいげのある姿に癒されている姿をよく目にします。
  
日中はなんとか仲間と過ごしていても、夜暗くなって眠れないとき、寂しくて悲しくてたまらないときがあって、涙しちゃうんだよという方、また、具合の悪いときにはどうなってしまうんだろうと怖くてたまらないとき、ぬいぐるみをぎゅっと抱きしめていると、一人じゃないなと、ちょっとだいじょうぶになったという方に出会いました。
  
  
◆ みなさまのご自宅で不要になったぬいぐるみを再利用させてください。
  
  みなさまの「あたたかいお気持ち」をお届けします。大変恐縮ではありますが、お送り
  いただく目安として、ご自身で受け取られたときにうれしいなと感じるかどうかを基準
  とさせていただこうと思います。
  直接にお持ちいたオフィスにお持ちいただく方法と、郵送していただく方法があります。
  (この場合、送料はご負担いただくようになります。)
  
  
◆ みなさまからご寄付いただいたぬいぐるみに、第二の命をふきこみます。
  
  いただいたぬいぐるみは(新品はのぞく)、支援先にお届けする前にうまれかわりの
  プロセスがあります。
  
  ・そんなに古びていないのに、ちょっとほこりをかぶったようになっている。
  ・付属品がとれている。
  ・ちょっとほころびがある…、などなど。
  
  ほんのちょっと手を加えれば、まだまだこれから沢山の方々のお役にたてるものが多く
  あります。(ただいま日程は不定期となります)
  
  
  まずは、すべて洗濯してから、個々に必要な作業を行います。
  再生作業には、みなさまの手が必要です。
  お手伝いいただくのは、ご都合があう範囲でご自身で決めていただいてかまいません。
  支援に参加したいな!と思われる方は、どなたでも、短時間でも、ご参加いただけます。
  興味のある方は、ぜひご参加ください。多くの方のご参加をお待ちしております。
  
   < ボランティアのお申し込みはこちら >