つながることで きっと かえていける

peace

 バンコクでの活動 


● 支援先の慰問
● ボランティア作業 (HUG&SMILE オフィスにて)
  (リサイクル補修、ワークショップの準備、財団支援グッズ製作)
● ワークショップ(不定期)
● パクレットベビーホーム(ノンタブリー県パクレットにて)
  赤ちゃんだっこボランティア 


bkk1 bkk2 bkk3

peace

 パバナプ寺施設での活動 
 (ロッブリー県・パバナプ寺とセカンドプロジェクト)


● 子どもたちとのワークショップ (セカンドプロジェクト 子どもの家にて)
エイズでご両親をなくされた子ども達は、人との交流、ぬくもり、人と分かち合う喜びといった、目に見えない温かさには乏しい環境にいます。物だけでなく、経験を…。ワークショップを通じて、子ども達の心の成長を支援していきます。

● スカラシップ設立のサポート (セカンドプロジェクト 子どもの家にて)

パバナプ寺の施設内には、保育園から高校まであり、国公立の学校と同様の教育が受けられます。しかし、その施設内には、それ以上の教育機関がなく、たとえ進学への意欲があったとしても、あきらめる子がほとんどです。
進学への道がとぼしいことから子ども達の学力意欲も低下し、また、以前は、命をつなぎとめられる医療も薬もなく、その先へ、未来へという希望を意識的に抱けずにいました。しかし、今は、多くの子どもたちが、薬の副作用と戦い、病気を抱えながらも、長い年月を生きられるようになってきました。HUG & SMILEでは、生きる気力、がんばる目標としてお手伝いができるよう、現場の方々の意見を伺いながら、子ども達の進学のためのサポートをしてまいります。

     bd1


● ケアボランティア
 (・パバナプ寺&セカンドプロジェクト・高齢者・障がい者施設にて) 

  
施設内には、HIVを患ったがために、家族や友人から見放されて生まれ育った町に滞在することができなくなってしまった人々、また、HIVは陰性であっても、高齢だったり、障がいをかかえていたり、身よりがなく行き所がなくなってしまった方々が滞在しています。その方々は、人との交流や、散髪や爪きり、耳かきなどの身体介護の機会もあまりありません。生活に必要な物資の寄付と、足湯や手浴、かんたんなマッサージや身体介護によるふれあいの機会を提供してまいります。

  4 3 2-1

2 1 0-1

    活動の詳細をご覧になりたい方は、こちらをご参照ください。


  ・● ブログ ●・   ・ ● 活動報告 ●・